2017年05月04日

First Audio Research and Technologyが「Folca Bass」をリリース

First Audio Research and Technologyが「Folca Bass」をリリースしました。
first_audio_research_and_technology-folca_bass
The Folca Bass. This little synth is inspired by the Volca Bass, but with no sequencer. Unlike the hardware, the Folca has 16 not polyphany and a full ADSR envelope for the filter. Enjoy!

気になる方はチェックしてみると良いでしょう。
詳細はリンク先を参照してください。
寄付も受け付けています。


[関連サイト]
Software | First Audio Research and Technology
posted by 通りすがり at 22:07 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Autodafeが「Autodafe Casio VL-1」をリリース

Autodafeが「Autodafe Casio VL-1」をリリースしました。
autodafe-autodafe_casio_vl-1
Casio VL-1 plugin version for MAC/Windows AU/VST 32 and 64 bits, original presets sampled and looped.

Added: Vibrato Speed and Depth, Reverb.


動画は↓をどうぞ。


気になる方はチェックしてみると良いでしょう。
詳細はリンク先を参照してください。
寄付も受け付けています。


[関連サイト]
Casio VL-1 Plugin MAC/Win AU/VST 32/64bits - Autodafe.net
ラベル:Autodafe
posted by 通りすがり at 21:50 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

shaduzLABSの「Throb」がVersion 1.1.1へアップデート

shaduzLABSの「Throb」がVersion 1.1.1へアップデートされました。

「Throb」について。
shaduzlabs-throb
Throb is a free JUCE based plugin that generates clock/reset signals synchronised with the host tempo. It is currently available for Windows (VST2 and VST3, 32/64 bit) and OS X (VST2, VST3 and AU 32/64 bit). The multiplier is an automation parameter and therefore can be controlled using the respective host functionality. Both the multiplier and the resolution (ppqn) settings are serialized to the preset chunk.

WARNING: do not send the output of this plugin to your speakers or headphones!

気になる方はチェックしてみると良いでしょう。
詳細はリンク先を参照してください。


[関連サイト]
GitHub - shaduzlabs/throb: VST/AU clock and reset generator
ラベル:shaduzLABS
posted by 通りすがり at 21:48 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Nebula SRLがMac用の「Live Performer」をリリース

Nebula SRLがMac用の「Live Performer」をリリースしました。
nebula_srl-live_performer
Live Performer is an Audio Unit Host for macOS with a single instrument and up to 4 Effect Inserts.


以下の特徴があるそうです。
  • MIDI
    • Input by Keyboard, Mouse/trackpad or Midi Keyboard
    • Live Chords Detector
    • Live Key Highlighter
    • Midi Monitoring
    • Midi Instrument Out
    • Host Tempo Sync
    • Transpose
    • Velocity Override
    • Auto Midi Recording

  • Audio
    • AU Instruments
    • AUV3 Audio Unit V3 support
    • 4 Effect Inserts
    • Sample Rate
    • Low Latency Buffer
    • Independent volume control for Input and Output

気になる方はチェックしてみると良いでしょう。
詳細はリンク先を参照してください。


[関連サイト]
Live Performer App
ラベル:Nebula_SRL
posted by 通りすがり at 21:45 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする